日本創業融資支援センター

無料相談会申込みは
コチラ

公的融資のメリットや審査ポイントとは?

公的融資のメリットや審査ポイントとは?



公的融資とは、国や地方自治体のような公的機関が行う融資のことを言います。
具体的には、日本政策金融公庫などの機関が行う融資が代表的です。
主には、一般の金融機関が行う金融を補完することを目的として、中小企業や小規模事業者・個人事業主などに対して行う融資が多くなっています。

【公的融資のメリット】
公的融資には、具体的には次のようなメリットがあります。
①低金利・長期での調達が可能
民間企業に比べて低金利で融資を受けることが出来ます。また、返済期間も長めに設定されており、資金繰りの安定化に寄与します。

②据置期間がある
借入元本の返済を猶予できる期間を据置期間といい、多くの融資制度で設けられています。その期間は利息だけの支払いとなるため負担が小さいです。特に創業当初の売り上げがまだ立たない時期に重宝されます。

③無担保・無保証が充実
制度よりますが、無担保・無保証の融資も複数存在しています。特に、代表的なものがに日本政策金融公庫の「新創業融資」です。「創業融資」という銀行などの民間金融機関が融資しづらい分野において、無担保無保証での融資が可能となっています。

【公的融資の審査承認ポイント】
①事業計画の妥当性がしっかりしていることが重要です。担当者に不安を与えないように以下のような点に留意して作成しましょう。
・販売先や仕入れ先が確保されているか
・業界規模からして売上計画が妥当な範囲か
・収益と借入返済のバランスが妥当か(返済能力があるか)
・業界の当面の見通しは把握できているか
・売上の算出根拠を完結に説明できているか 等

②自己資金について
自己資金は審査の上で重要な項目です。自己資金なしに全額借入すると、返済負担が増し経営の足かせになってしまいます。また、創業のために自己資金を貯めていたという事実は、その事業に対する経営者の強い意思や計画性を感じ取ることもできます。

自己資金の目安は一概には言えませんが、「2013年度新規開業実態調査」(日本政策金融公庫 総合研究所調べ)によると、創業資金総額に占める自己資金の割合は約3割(27%)となっています。